キャリアチェンジCAREER CHANGE

一歩踏み出せば、
見える景色が変わってくる
入社からさまざまなキャリアを積み、
今、新たなステージに立つ2名に次なる挑戦について伺いました。

CASE 1

キャリアチェンジ CASE 1 imageキャリアチェンジ CASE 1 image

「管理システム」での知識と経験が、サービス向上につながった。

宮久保 祐穂 YUHO MIYAKUBO 駅前不動産 本店/2019年入社

異動して念願の営業職に

 2019年に「駅前管理システム」に入社し、お部屋の解約手続きや車庫証明・家賃証明書の発行などの業務を担当していました。2021年5月からは「駅前不動産」へ。2か月間の研修を経て、7月から賃貸仲介営業として働いています。もともと営業志望だったので、今回は念願かなっての異動でした。私は向上心が強い方で、何でも上を目指したいタイプです。そのため、自分の仕事に対しての評価が返ってくる営業の仕事はやりがいがありますし、異動したことは間違いではなかったと感じています。

キャリアチェンジimage

宅建士の資格取得で視野が広く

 管理やリフォーム、保険など不動産にまつわるさまざまな関連会社があるので、入社後のキャリアも描きやすいと思います。私は駅前管理システム時代に宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得したため、仲介業務に転籍後すぐにその資格を生かした業務に携わることが出来ました。資格取得や異動の経験のおかげで不動産の仕事について理解が深まったと思っています。現在の目標は営業のトップセーラである主任になること。将来的には不動産の売買にも携わり、不動産のプロとしての技術を磨きたいと考えています。

キャリアチェンジimage

物件情報を知っているからこそできること

 入社当初は福岡・佐賀・熊本エリアのお部屋の解約手続きを担当していたので、取り扱う物件の間取りや家賃はだいたい頭の中に入っていました。営業職に異動後、研修期間中に担当エリアの物件をまわるのですが、今まで資料で見ていた物件を自分の目で確かめることによってその物件が知識として頭の中にすんなりと入ってきたんです。すると、接客を開始して早い段階で、お客さまの要望を聞いて要件に合う物件をスムーズにご提案できていました。もともと間取りや物件情報を見ることが好きだったこともあって、私にとって解約手続きはただの事務処理ではなく、営業転向へ向けて管理物件を覚える絶好の機会となっていました。だからこそ今、これまでの経験と知識を生かすことができるのだと実感しています。

キャリアチェンジimageキャリアチェンジimage

CASE 2

キャリアチェンジ CASE 2 imageキャリアチェンジ CASE 2 image

経験を武器に。挑戦のチャンスを掴みに行く。

刀根 大和 YAMATO TONE 駅前不動産管理システム/2017年入社

目標を叶えた先にある新たなステージ

 最低でも1日70件、できれば100件。入社1年目は、とにかくこの数字を目標にして物件の下見に力を注いでいました。土地勘のなかった佐賀の街を毎日、朝から晩まで自転車で走り周っていましたね。エリアの物件を周り終える頃には賃貸仲介の営業成績にも変化があり、翌年、2018年に主任へ昇進。さらに半年後には朝倉店の店長になりました。ここで、また「店舗MVPを獲る」「店舗スタッフを主任以上に昇進させる」「管理物件の紹介件数で1位になる」と3つの目標を設定し、3年かけて全て達成。順調に賃貸仲介部門でキャリアを重ねていた矢先に舞い込んできたのが、駅前管理システムへの異動の話でした。

キャリアチェンジimage

経験してきたこと全てが今の自分の強み

 不安がなかったと言えば嘘になります。でも今は異動してよかったと思うことが多いんです。現在は、別の管理会社に物件を任されているオーナーさまや自主管理をされているオーナーさまに対して、駅前管理システムを推薦する提案業務を担当しています。駅前不動産で培った経験に助けられることはとても多く、入居者とオーナーさまの間でそれぞれのニーズや事情を汲み取って提案しています。実際に私の提案で物件が満室になったり、オーナーさまから直接、「刀根さんのおかげで行動できた」と言われた時は、契約が獲れた時以上にうれしいですね。ゼロからスタートして信頼関係を築く過程がやりがいにつながっています。

キャリアチェンジimage

駅前ホールディングスだからこそできた挑戦

 店長時代に管理物件の獲得に力を注いだ結果を評価され、現在の管理部門への転籍となりました。こうした異動も駅前不動産ホールディングスが、“住まい”にまつわるすべてをワンストップサービスで提供しているからこそです。一人ひとりがキャリアを積み、挑戦できるステージがある。各グループ会社の業務を理解して仕事の幅が広がれば、グループシナジーはさらに高まっていくでしょう。今の自分があるのは今まで出会ってきた全ての人のおかげなので、今後も感謝の気持ちを忘れず一個でも多くの恩返しができるように努めていきます。

キャリアチェンジimageキャリアチェンジimage

このページの上部へ