CROSSTALK現場のリアル CROSSTALK現場のリアル

ここに集まるのは、自信を持って 人に紹介できる"いいやつ"ばかり。

クロストーク03 imageクロストーク03 image

MEMBER

西新店スタッフimage

先輩德永 理恵RIE TOKUNAGA

西新店/2016年入社

西新店スタッフimage

後輩浦田 琉星RYUSEI URATA

西新店/2021年入社

商店街や大学が近く活気あふれる西新店。
明るくメンバーを束ねる德永店長と
ムードメーカーの新入社員・浦田さんに話を聞きました。

配属が決まって初めて顔を合わせたときの第一印象は?

德永
正直、チャラそうだなぁ、うるさそうだなぁって思いました(笑)。
浦田
え? 元気が良いってことですよね? 僕は優しそうな店長だなって思いましたよ。これから、この店舗でとにかく自分ができることを頑張っていかなきゃなって。
德永
德永店長が上司でラッキーでしたっていいなよ(笑)
浦田
ああ、そうでした。かわいい店長のもとに配属されてラッキーでした!
德永
そうそう。

店舗の雰囲気がすごく良さそうですね。

德永
親バカみたいですが、ここの店舗は"いいやつ"ばっかりだと思います。例えば、どんなに忙しいときでも、お客さまがご来店されたらみんな自然と席を立ってお出迎えをするんです。お出迎えの癖が体に染みついている感じというか(笑)。これって、意識しないとできないことですし、意外と難しいことなんです。それを自然と出来るのは、素直でいい人である証拠だなぁと。仕事とは関係なく、人に紹介できるくらい、いい人に恵まれていますね。
浦田
僕もそう思います。駅前不動産の社風がそうだと思うんですが、年功序列でもないし、年齢や勤続歴だけで上下ができていない。自分の頑張り次第でどこまでも登り詰められる夢のある職場だなって思います。僕なんて、最初は消費税の計算もできなかったし、PCメールのタイピングも苦手だったし。だけど先輩や店長のおかげで毎日楽しみながらスキルアップできています。
德永
練習のためにタイピングゲームまで導入したよね(笑)。浦田くんは営業としてはまだまだだけど、学生感はもう抜けたね。もう「自分は」って言わなくなったし、「恐れ入ります」とか社会人らしい言葉が使えるようになったよね。
浦田
さようでございます!

西新店スタッフimage西新店スタッフimage

「同期の中でトップになることが今の目標。常に先頭を走っていたいんです」(浦田さん)

楽しそうな雰囲気が伝わってきます。お二人の今後の目標を教えてください。

德永
賃貸営業だけじゃなく、不動産に関わる別部門の仕事もしてみたいと思っています。売買や管理など不動産に関わるすべてを仕事にできるのがこの会社の強みです。だから、働き方やライフステージによって専門領域を変えつつ、不動産業界を極めていきたいですね。
浦田
僕は同期の中で成績トップになることです。毎日、朝礼のときに「前日の成果」が発表されるんですが、同期に追い抜かれたらすごく悔しいし、焦ります。常に先頭を走っていたいんです。

このページの上部へ