CROSSTALK現場のリアル CROSSTALK現場のリアル

店舗のリーダーと新入社員 力を合わせてNo.1を目指す

クロストーク01 imageクロストーク01 image

MEMBER

博多店 河野 佑太 image

先輩河野 佑太YUTA KOUNO

博多店/2016年入社

博多店 清水 大輝 image

後輩清水 大輝DAIKI SHIMIZU

博多店/2021年入社

JR博多駅から徒歩3分、2020年に新しくできた博多店の河野店長と
2021年入社のニューフェイス・清水さんに話を聞きました。

店長から見て清水さんの働きぶりはどうですか?

河野
まだまだですね! でも、彼のいいところは声が大きくて明るいところ。ミスをしたときや叱られたときはちょっと声が小さくなりますけど(笑)。すぐに切り替えられるし、私にガミガミ言われても毎日、元気に会社に来てくれるしね。
清水
「行きたくない」なんて思ったことないです(笑)。店長は僕のために言ってくれてるって分かってます。もちろん、ミスをして落ち込むことはあります。でも、毎日、帰り道で店長と話しながら歩いているうちに自然と「明日も頑張ろう」って気持ちになるんですよね。それから同期とのLINEのやり取りでも励まされます。

清水さんのいいところは?

河野
新しく覚えた仕事も自分の中できちんと消化して、段取りを組み立てていけるところですね。正確だし、事務処理も早いんです。言われたことはきっちりできるので次の課題は「自分で考える」ことだと思います。自分で考えて進める仕事はまだちょっと時間がかかるよね。
清水
初めての業務はどうしても考えるのに時間がかかってしまいます。あとは近頃はなおってきましたが、口癖をなおすのにずいぶん苦労しましたよね(笑)。お客さまと話しているときについつい「なるほど」ばっかり言っちゃって。店長がその度に注意してくださいました。
河野
最終的にはデスクの見えないところに「なるほどって言わない!」ってフセンに書いて貼ってたよね(笑)

博多店スタッフimage博多店スタッフimage

「帰り道、店長と話していると自然と明日も頑張ろうって気持ちになるんです」(清水さん)

店長が寄り添い、成長をサポートしている様子が伝わってきます。それではお二人の今後の目標を教えてください。

河野
私たちの店舗は2020年に開店してまだ間もない店舗ですが、基幹店舗としてこのエリアを引っ張っていきたいと思っています。そして今は駅からちょっと離れた場所にあるので、本当に「駅前」に移転できるくらい数字を上げたいですね。あとは、清水くんに売上トップになってもらうこと!
清水
はい、河野店長の下で働かせてもらっているからにはトップを獲りたいと思っています!

このページの上部へ